小じわを治すのに必要なのは?

MENU

小じわを治すのに必要なのは?

 

年齢を重ねるうちに、肌の調子が整いにくくなった、と感じている方は多いでしょう。

 

お肌に含まれているコラーゲンは、30才前後から減少するといわれており、コラーゲンが減ることによって、肌の弾力が失われたり、乾燥しやすくなるとされています。

 

肌は常に、外気の乾燥や紫外線などのダメージにさらされていますが、しっかりと保水性が保たれているお肌は、天然のバリア機能によって、ダメージを低減することができます。

 

しかし、乾燥しがちなお肌は、それらのダメージをそのまま受けてしまうため、肌荒れやシミ、そばかす、シワなどといってトラブルが起きがちです。

 

小じわの原因となっているのは、肌の乾燥や、加齢からくるターンオーバー機能の低下だといわれています。

 

年齢を重ねるごとに、肌の保水性が失われ、代謝機能も低下し、ターンオーバーサイクルもゆっくりになるとされていますが、しかし、実際には個人差が大きいのも事実です。

 

全く同じ年齢の人でも、肌トラブルが目立ち、老けて見えるタイプの人と、いつまでも生き生きとした肌を保ち続けている人がいますので、しっかりとアンチエイジング対策をしていくことで、お肌を若々しく健やかに保ち続けることが、可能だと考えられるでしょう。

 

お肌の大切さ

小じわを治すためには、まずお肌をしっかりと保湿し、うるおいと弾力を与えることが大切だと考えられます。

 

高い保湿性を持つ美容成分として、コラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなどをあげることができます。これらの成分は、もともと肌に存在しているものであり、加齢とともに減少する傾向がありますので、美容液などの化粧品で、しっかりと補っておきたいものです。

 

お肌に馴染みやすく、安全性が高い成分ですから、副作用などの心配なく使用できるのも魅力です。化粧水やクリーム、美容液などによく配合されているほか、サプリメントなどで摂取するという方法もあります。

 

不足しがちなうるおいをしっかりと補給して、みずみずしいお肌を保ちましょう。

 

また、より効果を高めるための方法として、美顔器などを利用するのも、一つの手です。美顔器の機能の一つとして、イオン導入があり、これは美容成分を肌の奥まで届けるためのものです。

セラミドとは

 

うるおい成分のうち、セラミドは表皮に近い部分に存在しているものであり、肌内部のうるおいを保ちながら、外界からのダメージから皮膚を保護する、という働きを持っています。コラーゲンは真皮に存在し、皮膚の内側に水分を蓄え、お肌に弾力とハリを与える働きを持っています。

 

つまり、コラーゲンを美容液などでおぎなう場合、できるだけ奥まで浸透させることが、効果を引きだすコツだといえるでしょう。

 

美顔器は高周波の振動などによって、お肌に適度な刺激を与えつつ、美容成分を浸透させるという効果を持っています。コラーゲンを効率よくお肌に与えることが可能であり、適度な刺激によってターンオーバーも促してくれます。

 

美容液や化粧水などによるケアでは物足りない、もっと効果を高めたいという場合に、美顔器は最適かもしれません。

 

アンチエイジング

より高い効果を求めるのであれば、アンチエイジング施術を行ってくれる美容皮膚科に相談するのも、良い方法でしょう。

 

美容皮膚科で可能な治療方法として、レーザー治療、ピーリング、ハイドロキノンの処方などをあげることができます。

 

レーザー治療とピーリングは、皮膚の生まれ変わりを促進する方法であり、シミやそばかす、シワなどを改善できるとして、人気が高い施術です。お肌の若返りに高い効果を持つとされる反面、お肌が弱い方や、敏感肌の方には向かない方法でもあります。

 

ハイドロキノンは、アンチエイジングと美肌に効果的として注目を集めている成分であり、一般的な化粧品などにも含まれていることがあります。

 

ただし、市販の化粧品に含まれているハイドロキノンは低濃度なため、はっきりと効果を実感しにくいとされています。美容皮膚科の処方であれば、市販のハイドロキノンよりも高濃度なものを出してもらうことも可能ですので、より高い効果を得ることが可能でしょう。

 

ハイドロキノンは肌のターンオーバーサイクルを早める作用を持っており、アンチエイジングに、あるいはシミやそばかすを薄くするために、用いられます。皮膚が薄い方や、敏感肌の方の場合、ハイドロキノンの使用によって赤みが生じるなどの副作用がおこる可能性があります。

 

高濃度のハイドロキノンを試す際には、皮膚科医と相談して、正しい用法を守ることが大切です。

 

最近では、美容によいプラセンタなどの成分を、直接血管から取り入れる美容点滴の施術も、人気を集めています。
外側からだけでなく、内側からもしっかりとアンチエイジング対策を行っていけば、より高い効果が期待できそうです。

 

小じわやシミ、そばかすなどお肌の年齢サインが気になりだしたら、アンチエイジングに効果的な成分や施術を、美容方法として取り入れていきましょう。