しみやしわ予防に効果的な成分を食品やサプリから摂るには

MENU

しみやしわ予防に効果的な成分を食品やサプリから摂るには

 

中年以降になると、髪に白いものが混じってきますね。髪は染めれば目立ちませんが、手ごわいのが、顔にいつの間にか住みついている、にっくきしみやしわ。薄茶色の部分や小じわを見つけたら、「年だからしょうがないわ」などと言わず、できることだけでもやってみたいもの。

 

その一つとして効果的なのは、食事等で予防することです。しみやしわができないようにするには、まず皮膚にコラーゲンをたっぷり与えましょう。

 

コラーゲンとは、一言でいえば体の中で皮膚や目、関節や骨、血管等に弾力を取り戻すたんぱく質です。細胞と細胞を結びつける働きで、生物の進化にも関わってきました。皮膚には体内のコラーゲンの4割が存在しますが、残念ながら加齢とともにその量は減っていきます。

 

コラーゲンを配合した化粧品や、直接摂取するサプリも市販されていますが、高価なものが多く、また肌や体に合わなかったらと思うと少し躊躇してしまいますね。ところがコラーゲンは人間の体内でも作られるものなので、自然な形で生成をサポートできたらいいですね。

 

素晴らしいビタミン

コラーゲン生成の強い味方と言えば、ビタミンCです。

 

抗酸化作用の強いビタミンCは、動脈硬化や心筋梗塞等を予防し、白血球を強くして風邪をひきにくくし、肉体的精神的ストレスを和らげ、白内障や貧血を予防し、インターフェロンの生成まで助けてしまうという素晴らしいビタミンですが、一方ではまた、メラニン色素の沈着を防ぎ、コラーゲンの生成を力強くバックアップするビタミンでもあります。

 

ビタミンCはレモンやイチゴの他、熱に強いビタミンCを含む芋類や、お茶ならローズヒップがおすすめです。

 

皮膚の中でコラーゲンどうしを結びつけているのがエラスチンです。繊維状のたんぱく質であるエラスチンは、人間の体では靭帯に多く、動脈、肺、皮膚にも存在しています。

 

エラスチンを食品から摂るなら、牛すじや煮魚、鶏手羽等からになりますが、毎日食べるのは難しいですね。

 

コラーゲンがエラスチンによって結びついている状態で、その間に水分をたっぷりと蓄えているのが、ヒアルロン酸です。1gに6リットルの水を貯えることができるヒアルロン酸は、肌や目に潤いを与え関節を滑らかにする成分です。

 

まさにみずみずしさのもとと言えるでしょう。

 

一般的ではないが

 

にわとりのトサカに多いのですが食べ物としては一般的ではないので、食品では沖縄料理の豚足や、ウナギ、ふかひれ等から摂ることになります。また、納豆、オクラ、山芋等のネバネバ食材にも含まれています。

 

体内に摂取されたヒアルロン酸は糖に分解されてからまた体のそれぞれの部分で再合成されます。

 

ただ食品から摂ったヒアルロン酸は分子が大きくて吸収されにくいため、ナノ化したヒアルロン酸をサプリで摂るのが効率的とされています。また、肌の一番外側の角質層で、バリア効果と保湿効果を発揮しているセラミドは、メラニンの発生を抑える働きもあり、これも効果的な成分です。

 

食品から摂る場合には、こんにゃく、ひじき、わかめ、牛乳、大豆、ホウレンソウなどに多く含まれています。

 

また、哺乳類の胎盤からとられるプラセンタは、線維芽細胞を増やして細胞の新陳代謝を活発にするので、コラーゲン等の生成や、メラニン色素の排出も盛んにし、皮膚の若返りにも効果的。

 

細胞を増殖させる動物性のプラセンタは、食品からは摂れそうもありませんが、植物性プラセンタなら、メロン等の種が接している胎座という部分に含まれています。
この部分にはビタミン、ミネラル、必須アミノ酸等、栄養分が豊富です。

 

そして、老化防止に効果があるとして最近注目されているのが、レスベラトロールです。このポリフェノールは1939年に北海道帝国大学の高岡道夫博士によって発見されましたが、21世紀に入って、レスベラトロールが長寿遺伝子を活性化するらしいことがわかってきました。

 

心臓病が少ない遺伝子

本来この長寿遺伝子は、腹七分目の食事と継続的な運動ではじめて働くのですが、フランス人が脂肪の多い食事をたっぷりとっているのに心臓病にかかる人が少ないという事実から研究が進み、ワインにこの成分が多く含まれていることも明らかになりました。

 

紫外線などによる肌の老化を食い止めてくれる他、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を分解してしまう酵素の働きを弱め、メラニンを生成する酵素の働きを阻害してくれる、美肌にとって頼もしい存在です。

 

食品としては北欧ラップランドの真っ赤な果実、サンタベリーに多く含まれる他、地中海沿岸や南フランスで採れるブドウにも多く、ボルドーやローヌ産の赤ワインのうち、特定の銘柄のものが効果が高いとされています。またアーモンドやピーナツの皮、ココアにも含まれています。

 

ただ一部の輸入物のレスベラトロールの原料となっているイタドリは、日本では医薬品扱いなので注意。

 

またレスベラトロールにはエストロゲン様の働きもあるので、子宮筋腫など女性ホルモン過剰に注意すべき人は医師に相談しましょう。

 

しみやしわに効果があるとされるサプリは数多くありますが、これらの成分が多く配合されているものであれば、毎日手軽に美肌習慣を続けられますね。